作品紹介

『満願』『王とサーカス』で「ミステリが読みたい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」の国内部門1位でミステリーランキング3冠を2年連続で達成。

いま最も次回作が待ち望まれるミステリ作家・米澤穂信。
次々と魅力的な謎を生み出す作家の頭の中はどうなっているのか? 米澤さんの頭の中を満たしてきたのはどんな本たちなのか。
作家生活20年の節目に、米澤さんの心を捉え、人気ミステリ作家を形作ってきた本を一気見せ。

米澤さんが20年にわたって、様々な媒体に書きためてきた書評やお勧め本、対談を一冊にまとめました。
「思うさまに大好きなミステリをお勧めしたい」という米澤さんの強い思いから、特別書き下ろし読書エッセイ「私の好きなミステリ」(120枚!)&オリジナルコメンタリー(180枚!)収録。
米澤穂信ファン、ミステリファン、これからミステリ作家を目指す未来の書き手必携の一冊。

目次
ご挨拶より本の話をしませんか

1 選書棚
文庫ならでは 
日本という異界 
みじかいミステリのちいさな本棚

2 乱読棚
何事も例外はありますが 
必然性のない読書 
好きなように 
文脈 
物語酔いが醒めるまで 
美三題 
百といくつかの禁書 
割り切れないんですよ

3 対談①
心に刺さるミステリー10 冊+2 ×柚月裕子 
笑えるミステリー10選 ×麻耶雄嵩 
 
4 愛書棚
よろこびの書 
私淑 泡坂先生追悼文 
混沌の果て 
端倪すべからざる運命の落とし穴 
連城三紀彦、解説三篇 
景色を惜しむ 連城先生追悼文 
鳥をひねって鍋にしよう 

5 遊歩棚
雨読 
地獄と作家と京都旅 
二〇一二年二月 
二〇一二年四月 
二〇一二年六月 
二〇一二年八月 
二〇一二年十月 
二〇一二年十二月 
本に呼ばれて修善寺詣 
二〇一三年二月 
二〇一三年四月 
二〇一三年六月 
二〇一三年八月 
二〇一三年十月 

6 書外棚
わたしの鞄を見て! 
no music, but life 
太い背骨 
さあ神を選びたまえ 
思い出の映画 

7 バックヤード
書店認識の歩み 
素敵な場所、あるいは売書稼業 
入荷と返品の間に残るもの 
本をどこで買ってきたか
鷹と犬 
 
8 私室
岐阜県図書館Q&A 
文庫と共に去りかけぬ 
ネヴィル・シュートの『パイド・パイパー』について 
一文に願いを託す ― ― 於・福岡県大刀洗町 
13冊のミステリについて 

9 対談②
ミステリーにとって必要なものは何か? ×有栖川有栖 
創作と自分 ×朝井リョウ

ご挨拶より本の話をいたしましょう ──

初出一覧 
索引 

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る