作品紹介

第168回直木賞候補作&2023年本屋大賞ノミネート‼


刊行以来、続々重版。大反響、感動、感涙の声、続々!
令和で最も美しい、愛と運命の物語


素晴らしい。久しぶりに、ただ純粋に物語にのめりこむ愉悦を味わった。
さんざん引きずり回された心臓が、本を閉じてなお疼き続ける──そのまばゆい痛みの尊さよ。(村山由佳)

まぶたの裏で互いの残像と抱き合っていた二人のひたむきさが、私の胸に焼き付いて離れない(年森 瑛)



――ほんの数回会った彼女が、人生の全部だった――

古びた団地の片隅で、彼女と出会った。彼女と私は、なにもかもが違った。着るものも食べるものも住む世界も。でもなぜか、彼女が笑うと、私も笑顔になれた。彼女が泣くと、私も悲しくなった。
彼女に惹かれたその日から、残酷な現実も平気だと思えた。ずっと一緒にはいられないと分かっていながら、一瞬の幸せが、永遠となることを祈った。
どうして彼女しかダメなんだろう。どうして彼女とじゃないと、私は幸せじゃないんだろう……。


――二人が出会った、たった一つの運命
  切なくも美しい、四半世紀の物語――

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

担当編集者より
読書の感動を伝える定型句として、「これは自分の物語だ」というものがありますが、この物語を読みはじめる前、私(35歳・男・趣味はゴルフ)は正直に言って「自分の物語ではないな」と思っていました。
しかし、読みはじめると不安はすぐに霧消しました。思うに任せない人生のなかで、主人公2人が見せる、互いを思いやる行動、交わす言葉の一つ一つ。そのピュアで透き通った美しさ。それらが静謐に、丹念に描かれ、頁をめくるたびに、ふつふつと込み上げてくるものがありました。
そして物語を読み終えた時、私の胸に去来したのは「これは確かに自分の物語ではない。なのになぜ、こんなにも心が震えるのだろう」という思いでした。
小説の社会的な役割のひとつとして、今日的なテーマ/題材をいかに切り取り、提供するかというものがありますが、この本に、私はあえてその任を負わせたくないな、と思いました。
ただただ美しく、圧倒的な物語がここにある。それをそのまま、皆さんにも味わっていただきたい。願わくは、一穂さんが起こしてくれた感動の波紋が、一人でも多くの読者に届きますよう。
商品情報
書名(カナ) ヒカリノトコニイテネ
ページ数 464ページ
判型・造本・装丁 四六判 その他 仮フランス装
初版奥付日 2022年11月10日
ISBN 978-4-16-391618-7
Cコード 0093

著者

一穂 ミチ

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る