書評

書き手の愉しみ、読み手の愉しみ――馳星周が挑んだ新境地とは?

文: 村上 貴史 (書評家)

『アンタッチャブル』(馳 星周 著)

『アンタッチャブル』(馳 星周 著)

■コメディ&先達

 それにしても、馳星周がコメディを書くとは――。

 従来の作風からすると想定外ではあったが、実際に刊行されてみると、それほどの不自然さも感じなかった。馳星周が冒険小説の読み手であり、日本冒険作家クラブのメンバーでもあったことを知っていたからかもしれない。

 冒険小説『飢えて狼』で一九八一年に衝撃的なデビューを果たし、第二作『裂けて海峡』(八三年)でその圧倒的な実力を世に知らしめた志水辰夫という作家がいる。人物造形や冒険の描写に抜群の冴えを見せ、文体でも読者を魅了したこの冒険小説作家も、八四年に『あっちが上海』というコメディを放ったのである。コメディ化したこのスパイ小説を、『尋ねて雪か』『散る花もあり』という、『飢えて狼』『裂けて海峡』に連なる代表的な作品と同年に、志水辰夫はしれっと放ったのである。そのぬけぬけとした曲者作家っぷりは、一九六五年生まれで当時は大学生だった馳星周にとって、おそらく強く印象に残ったものと想像する。ちなみに志水辰夫は八八年に『あっちが上海』の続篇、『こっちは渤海』も発表している。これまた愉しい一冊だった。

アンタッチャブル馳 星周

定価:本体1,050円+税発売日:2018年07月10日


 こちらもおすすめ
書評『復活祭』解説(2017.06.08)
書評月村了衛は凄腕である(2016.05.01)
特集作家が物語に込めた、東日本大震災への鎮魂と明日への願い【3.11まとめ・小説編】(2016.03.11)
インタビューほか熱狂の時代の夢よ再び(2014.10.15)
書評解説――血をまき散らせ!(2014.07.01)
書評『光あれ』解説(2014.03.07)
書評ダモクレスの剣の下の祈り(2011.08.20)