別冊文藝春秋

『跳ぶ男』青山文平――立ち読み

文: 青山 文平

電子版22号

「別冊文藝春秋 電子版22号」(文藝春秋 編)

前回までのあらすじ

 藤戸藩の道具役(能役者)屋島五郎の長男として生まれた剛。しかし、幼くして母を亡くし、嫡子としての居場処も失った。以来、三つ齢上の友・岩船保の手を借りながら独学で能に励んできたが、ある日、頼みの綱であった保が切腹を命じられる事態に見舞われる。さらに、藤戸藩の御藩主が急死し、剛が身代わりとして立てられることに。そこには保が遺した言葉と、能が舞える御藩主を求める藩の事情があった。役目を引き受け江戸入りを果たした剛に、目付の鵜飼又四郎と江戸留守居役・井波八右衛門は、城内における「奥能」の存在について話す。その後、首尾よく奥能に繋がる人物と接触した剛は「内々の能」に誘われ評価を得るが……。藩主として、また、保に見込まれた人間として、己が使命をいかに果たすのか、剛の胸に様々な想いが去来する。


 けれど翌朝、剛は鵜飼又四郎を呼ばなかった。

 起きて支度を整え次第、言い渡すつもりだったのに、目覚めてみると固まっていなかった。

 昨日、八右衛門が下がったときにはすでにあらかた締まっていた。あのまま呼んでもよかった。

 あくまで念を入れてのひと晩で、ほとんど儀式のようなものだった。

 なのに、まだ緩かった。

 驚きもしたが、それ以上に訝った。

 どういうことだと。

 己れの想いの強さはなんら疑わなかった。もはや、そういう時期には居ない。

 あまりに不測だったので、明日にはきっと、という楽観もしなかった。そして、そのようになった。

 次の朝も、三日目の朝も、四日目の朝も、五日目の朝も、剛は又四郎を呼ぶことができなかった。

別冊文藝春秋からうまれた本



こちらもおすすめ
別冊文藝春秋『セルロイド』葉真中顕――立ち読み(2018.11.15)
別冊文藝春秋『崩壊の森』本城雅人――立ち読み(2018.11.08)
別冊文藝春秋『キングレオの回想 大宮の醜聞』円居挽――立ち読み(2018.10.25)
別冊文藝春秋『跳ぶ男』青山文平――立ち読み(2018.07.12)
別冊文藝春秋『跳ぶ男』青山文平――立ち読み(2018.05.10)
別冊文藝春秋『跳ぶ男』青山文平――立ち読み(2018.03.08)
特集横浜色街の記憶――結界だらけの街を歩く(前)(2015.10.14)
特集新直木賞作家・青山文平の多忙な日々(2016.02.19)
別冊文藝春秋 電子版22号文藝春秋・編

発売日:2018年10月20日