本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
愛するということは、自分の可能性が開いていく人に巡りあうこと

愛するということは、自分の可能性が開いていく人に巡りあうこと

文:永田和宏 (歌人・細胞生物学者・京都産業大学教授)

『愛の顚末 』(梯久美子 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #ノンフィクション

『愛の顚末』(梯久美子 著)

「作家と作品はまったく切り離して考えるべきだという人もいるが、少なくとも私は、彼/彼女がいかなる時代を生き、誰を愛して何に傷つき、どのようにして死んでいったのかを知りたく思う」と、「あとがき」で梯さんは記している。

 私も同じように思っている。私のやっている短歌という短詩型では、作者についての情報は、時に思いもかけない歌の背景を暗示することがあり、歌の理解が格段に深まることがある。常に作者の実生活がそのまま作品に表れてきているということはないのであって、そこには十分注意深くあるべきだが、作者の実生活に縛られるのではなくて、作者を知ることが歌の読みの深度を深めるのであれば、知るに越したことはない。

 梯さんがここで紹介した諸々の作家の愛の姿は、その一例を原民喜で示したように、確かに作品だけを読んでいたのでは気づくことのない読みの深さに私たちを導いてくれるものであろう。もう一度、これらの作家を読み直してみたいと思わせてくれる一冊であった。

文春文庫
愛の顚末
恋と死と文学と
梯久美子

定価:792円(税込)発売日:2018年11月09日

プレゼント
  • 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/6/20~2024/6/27
    賞品 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る