発売情報

今度の男もまた、心と身体を寂しくさせる――官能と魂の傑作長編『ミルク・アンド・ハニー』ほか

「今度の男もまた、心と身体を寂しくさせる――官能と魂の傑作長編『ミルク・アンド・ハニー』ほか」をはてなブックマークに追加

文春文庫 12月のラインナップ

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル ミルク・アンド・ハニー
    著者名 村山由佳
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 傑作『ダブル・ファンタジー』に続く官能の物語
    今度の男もまた、心と身体を寂しくさせる――脚本家・奈津が自由と孤独の果て、たどり着いた場所とは? 魂に響く官能の傑作長編。
  • タイトル 大獄
    著者名 葉室麟
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 私は西郷隆盛を一番書きたかった!
    西郷隆盛は薩摩藩主の島津斉彬に仕え、天下のことに目覚め、一橋慶喜擁立のため暗躍するが、安政の大獄により全てを失うが……。
  • タイトル 三国志名臣列伝
    著者名 宮城谷昌光
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 王朝の危機にたちあがる名臣たち
    後漢末期、皇帝の外戚と宦官に権力が集中し人民の不満が鬱積、やがて黄巾の乱が全土に広がる。混乱の中で輩出した名臣・名将の列伝。
  • タイトル 森へ行きましょう
    著者名 川上弘美
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 いたかもしれないもう一人の「自分」
    1966年ひのえうまの同じ日に生まれた留津とルツ。恋愛、仕事……結婚は? 出産は? 待望の長編傑作小説。
  • タイトル 徒然ノ冬
    著者名 佐伯泰英
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 眠り続ける霧子。同輩たちの願いは届くのか
    田沼一派の放った毒矢に射られた霧子は未だ目を覚まさない。坂崎磐音ら尚武館道場の面々は回復を願って霧子を小梅村へと移すが……。
  • タイトル 湯島ノ罠
    著者名 佐伯泰英
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 闇読売を利用した田沼との情報戦の行方は
    尚武館坂崎道場を訪ねて来た白河藩主松平定信と竹刀を交えた磐音。腕並みは“殿様剣法”の定信に、磐音が伝えた究極の剣術とは……。
  • タイトル マスク
    著者名 菊池寛
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 100年前の新型インフルエンザから生まれた物語
    文豪だって未知の病原菌は怖い。マスク着用・うがいを徹底した菊池寛。当時の日本人は何を思い、何を考えたのか? ヒューマンドラマ。
  • タイトル 女将は見た 温泉旅館の表と裏
    著者名 山崎まゆみ
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 昔、子宝の湯には種馬がいた? 混浴は覗き放題のほうが人は悪さをしない?
    温泉旅館に行くと笑顔で出迎えてくれる女将は一体どんな仕事をしているのか。一日に密着したり、匿名座談会でホンネを聞き出します。
  • タイトル 京都感傷旅行
    著者名 西村京太郎
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 安倍晴明、小野篁の伝説が蘇る。京都歴史ミステリー
    祇園祭で賑わうなか、美人女将が切り盛りする料亭旅館で不審死が続く。事件を解く鍵は陰陽師にあるのか。十津川警部は京都へ向かう。
  • タイトル 芝公園六角堂跡
    著者名 西村賢太
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 何の為に私小説を書くのか。鬼気孕む短篇集
    厳寒の深夜、師・藤澤清造の終焉地に佇む北町貫多。静かなる鬼気を孕みつつ、歿後弟子の矜持を示す四篇。巻末に「別格の記」を付す
  • タイトル オンナの奥義
    著者名 阿川佐和子 大石静
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 こんなことまで明かしちゃっていいの!? 究極のオンナの生き方
    還暦婚のアガワと背徳愛のオオイシが、結婚・仕事から下着選び・更年期対処法・理想の死に方まで語り尽くします。赤裸々本音トーク!
  • タイトル 血と炎の京
    著者名 朝松健
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 応仁の乱、それは地獄の戦さだった
    花の都は塹壕で切り刻まれ、唐渡りの殺戮兵器が疾る戦場。復讐鬼・道犬と、地獄の都で救いを希う日野富子を描く書下ろし歴史伝奇。
  • タイトル 紙風船
    著者名 藤井邦夫
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 江戸に蔓延る悪を、秋山久蔵が斬る!!
    女が一膳飯屋の主人を人質に立て籠もりを行なった。報せを聞いた秋山久蔵は、女の要求に不審な点を感じる……。シリーズ第九弾。
  • タイトル 街場の天皇論
    著者名 内田樹
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 ぼくはなぜ天皇主義者になったのか
    天皇制と立憲デモクラシーの共生はいかにあるべきか。現上皇陛下の「おことば」をきっかけに思索を深めた、ウチダ流・画期的天皇論!
  • タイトル あなたの隣にいる孤独
    著者名 樋口有介
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 社会からも学校からも切り離された少女の、心震える青春小説!
    「あの人」から逃げるために母親と二人、転々としてきた無戸籍児の玲菜。突然姿を消した母親を追って玲菜が辿り着いた真実とは――。
  • タイトル 花影の花
    著者名 平岩弓枝
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 涙なくしては読めない「妻からみた忠臣蔵」
    赤穂浪士として語り続けられる大石内蔵助ではなく、その妻・りくに光を当てた、もう一つの「忠臣蔵」。吉川英治文学賞受賞作。
  • タイトル 三途の川のおらんだ書房
    著者名 野村美月
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 本と人間が織り成す感動のビブリオファンタジー
    「人生最後にして最上の一冊を選びます」。イケメン書店主はワケありな死者が持ち込む難題を解決し、彼らを無事に成仏させられるか
  • タイトル 一九七二
    著者名 坪内祐三
    発売日 2020/12/08
    作品紹介 戦後史の分水嶺の年の息吹を伝える
    あさま山荘、日の丸飛行隊、列島改造、ロマンポルノ――。生真面目さと娯楽志向が交錯する戦後史の分水嶺を、若い世代へと語り継ぐ。