本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【写真満載!】門井慶喜の「夢の書斎」訪問

【写真満載!】門井慶喜の「夢の書斎」訪問

文:「別冊文藝春秋」編集部

別冊文藝春秋 電子版37号

出典 : #別冊文藝春秋

 一八年に『銀河鉄道の父』で直木賞を受賞。賞金でPCなど仕事道具を一新しながら、次は独立した仕事場が欲しいと気持ちが奮ったという門井さん。

「資料の量で、作品の質は変わる。このまま2LDKの賃貸マンションで執筆を続けていたら、それだけのものしか書けなくなるという焦りもあった」

 そんなときに近所で一〇〇坪の土地が売りに出た。即断したという。

 

 耐震性はもちろん、大量の本を置くことを考慮し、基礎は「べた基礎」(面で建物を支える構造のもの)を選んだという。空地だった場所に基礎がつくられ、さらに配線や配管といった設備が整えられていくのを観察するのはとても楽しかったと門井さんは話す。「様式や美術の他に、何が家を家たらしめているのか、今回の経験でひとつ、欠けていた視点が備わったような気がします」

別冊文藝春秋からうまれた本

電子書籍
別冊文藝春秋 電子版37号 (2021年5月号)
文藝春秋・編

発売日:2021年04月20日

プレゼント
  • 『一人称単数』村上春樹・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/02/07~2023/02/14
    賞品 『一人称単数』村上春樹・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る