本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
作家の羽休み――「第51回:凝り性な父と台湾茶」

作家の羽休み――「第51回:凝り性な父と台湾茶」

阿部 智里


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

「第43回台湾の思い出」のコラムに書いたように、私は一度だけ家族と台湾へ旅行に行ったことがあります。何度思い返しても楽しい記憶しかない台湾ですが、楽しかったがゆえに、帰国してから後悔することもありました。

 現地で頂いたお茶があまりに美味しかったので、お土産にたくさん茶葉を買って帰ったのですが、それもあっと言う間に飲み終わってしまったのです。カラスミと合わせて、「もっと買ってくれば良かったねえ」と母としみじみ語り合いました。

 そうなってしまったのは、消費の目算が狂ったためでして、帰国してすぐに、毎日のように父が台湾茶を飲むようになったせいでした。

 私の父は非常に凝り性です。

 何か一つのものにのめり込むとそれをとことん追求し、自分の満足のいく領域に辿り着いた途端、満足してそれをしなくなる――ということが、これまでにも度々ありました。

 特に食べ物に関しては顕著でして、一時期、チョコレートコーティングされたオレンジピールのお菓子、オランジェットにはまってそればかり食べていた時期がありました。ただ食べて満足するのではなく、「これは俺の理想のオランジェットじゃない……」と自分にとって至高のオランジェットを探し、かたっぱしから違うお店のオランジェットを食べまくっていたのです。最終的には、近所に住む私の友人のお父上(すごく料理上手)が作ったオランジェットが「一番理想に近い!」とのことで、その方にレシピを教わって自作するまでになりました。

文春文庫
猫はわかっている
村山由佳 有栖川有栖 阿部智里 長岡弘樹 カツセマサヒコ 嶋津輝 望月麻衣

定価:759円(税込)発売日:2021年10月06日

単行本
追憶の烏
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2021年08月23日

単行本
烏百花 白百合の章
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2021年04月26日

単行本
楽園の烏
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2020年09月03日

文春文庫
烏百花 蛍の章
阿部智里

定価:726円(税込)発売日:2020年09月02日

文春文庫
弥栄の烏
阿部智里

定価:770円(税込)発売日:2019年05月09日

文春文庫
玉依姫
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2018年05月10日

文春文庫
空棺の烏
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2017年06月08日

文春文庫
黄金の烏
阿部智里

定価:770円(税込)発売日:2016年06月10日

文春文庫
烏は主を選ばない
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2015年06月10日

文春文庫
烏に単は似合わない
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2014年06月10日

文春文庫
発現
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2021年08月03日

プレゼント
  • 『妖の掟』誉田哲也・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/12/06~2022/12/13
    賞品 『妖の掟』誉田哲也・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る