本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
作家の羽休み――「第65回:取材旅行から帰って来たぞ!(紀伊編)」

作家の羽休み――「第65回:取材旅行から帰って来たぞ!(紀伊編)」

阿部 智里


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

 道中、この長距離を運転して下さったのはこれまでにも色々とお世話になっているカメラマンのHさんです。前乗りして全部の旅程を確認した上で、我が儘を聞いて山道を通る寄り道までして下さったのです。しかも、私は車の中でほぼ寝ていたというアレっぷり(車酔いする体質なので必ず酔い止めを飲むのですが、そうすると大体寝てしまうのです)だったのですが、Hさんは最初から最後までずっと優しかったです。我が儘を聞いて下さり、本当に頭が上がりません。

 紀行文では書けないかもしれないのですが、アテンドしてくれた編集さんや、同行して灯台のいろはを教えて下さった方など、たくさんの方に助けて頂きながらの旅となりました。重ねて御礼を申し上げます。

和歌山件・樫野埼灯台にて(撮影・橋本篤)

 さて。ここから先は余談です。

 最終日、鳥羽駅で車を降りたのは17時15分でした。「流石に何かお土産が欲しいね!」と言い合い、駅と連結した「ショッピングから、真珠専門店、お土産、食事まで楽しめる複合施設」と謳われている鳥羽一番街に入ったのが17時20分。入った時には「蛍の光」が流れていたので「あっ」と思いました。なんと、鳥羽一番街さんの閉店時間は17時30分だったのです!

 慌てて駅から直結した階を一回りし、かろうじてお手頃価格のイヤリングを買うことが出来ましたが、それもぎりぎりでした。いや、他にも素敵な真珠のお品や美味しそうなものがいっぱいあったので、かなり後ろ髪をひかれましたね。次にここに来る時は鳥羽水族館やミキモトの真珠島と合わせて、ゆっくり見て回れるようにしよう、と思いました。

 そして、17時40分の特急に乗り、あとは帰るだけ――というわけにいかないのが文春の組む旅の醍醐味です……。

【次回、驚きの名古屋編に続きます】


©阿部智里

阿部智里(あべ・ちさと) 1991年群馬県生まれ。2012年早稲田大学文化構想学部在学中、史上最年少の20歳で松本清張賞を受賞。17年早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。デビュー作から続く著書「八咫烏シリーズ」は累計130万部を越える大ベストセラーに。松崎夏未氏が『烏に単は似合わない』をWEB&アプリ「コミックDAYS」(講談社)ほかで漫画連載。19年『発現』(NHK出版)刊行。「八咫烏シリーズ」最新刊『追憶の烏』発売中。

【公式Twitter】 https://twitter.com/yatagarasu_abc

単行本
海と灯台学
日本財団海と灯台プロジェクト

定価:1,650円(税込)発売日:2022年10月25日

単行本
烏の緑羽
阿部智里

定価:1,760円(税込)発売日:2022年10月07日

単行本
追憶の烏
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2021年08月23日

文春文庫
楽園の烏
阿部智里

定価:803円(税込)発売日:2022年10月05日

単行本
烏百花 白百合の章
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2021年04月26日

文春文庫
烏百花 蛍の章
阿部智里

定価:726円(税込)発売日:2020年09月02日

文春文庫
弥栄の烏
阿部智里

定価:770円(税込)発売日:2019年05月09日

文春文庫
玉依姫
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2018年05月10日

文春文庫
空棺の烏
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2017年06月08日

文春文庫
黄金の烏
阿部智里

定価:770円(税込)発売日:2016年06月10日

文春文庫
烏は主を選ばない
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2015年06月10日

文春文庫
烏に単は似合わない
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2014年06月10日

文春文庫
発現
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2021年08月03日

プレゼント
  • 『固結び』山本一力・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/01/27~2023/02/03
    賞品 『固結び』山本一力・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る