本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
ファン待望! 新旧の名作が揃った文春文庫「歴史時代小説フェア」

ファン待望! 新旧の名作が揃った文春文庫「歴史時代小説フェア」

文:文春文庫部


ジャンル : #小説 ,#エンタメ・ミステリ ,#歴史・時代小説

文春文庫が誇るBIG4(司馬遼太郎、藤沢周平、池波正太郎、平岩弓枝)から、佐伯泰英・新シリーズ、夢枕獏「陰陽師」、あさのあつこ、澤田瞳子、山本一力らが一堂に集まった6月の最強フェアが始まります。


「歴史・時代小説フェア 2023」より

【新刊】『猪牙の娘 柳橋の桜(一)』(佐伯泰英)

『猪牙の娘 柳橋の桜(一)』(佐伯 泰英)

新作書下ろし時代小説4巻連続刊行!

吉原や向島などへ行き交う舟が集まる柳橋。神田川と大川が合流する一角に架けられたその橋の両側には船宿が並び、働く人、遊びに行く人で賑わっていた。柳橋の船宿「さがみ」で働く船頭の広吉には一人娘がいた。名前は桜子。三歳で母親が出奔するが、父親から愛情を受けて育ち、母譲りの器量よしと、八歳から始めた棒術の腕前で、街の人気娘に育っていた。夢は父親のような船頭になること。そんな桜子に目を付けた船宿の亭主による「大晦日の趣向」が思わぬ騒動を巻き起こし……。涙あり、恋あり、活劇あり。待望の時代小説新シリーズの幕が開く。


【新刊】『陰陽師 水龍ノ巻』(夢枕獏)

『陰陽師 水龍ノ巻』(夢枕 獏)

疫病を退散させる晴明の活躍を描く

青疱瘡の謎「野僮游光」、赤舞瘡の恐怖「秘帖・陰陽師 赤死病の仮面」、蟬丸の悲恋「蘇莫者」など傑作満載、シリーズ第17巻。

この作品の特設サイトへ

【新刊】『舞風のごとく』(あさのあつこ)

『舞風のごとく』(あさの あつこ)

理想と現実のはざまで青年は成長する――好評シリーズ第三弾!

少年剣士たちの友情と成長を描く青春時代小説シリーズ。

小舞六万石が大火に見舞われた。山河豊かで災害も少ない土地で、城下の半分に迫る町が焼け落ちたことで、人々は混乱に陥る。

筆頭家老の後嗣である樫井透馬は、執政会議で一刻も早く救済策を講じることを主張するが、前例主義に凝り固まった藩の上層部は有効な策を講じることができない。

苛立ちが募る透馬は、少年の頃から剣を通じて身分を超えた友情をはぐくみ、今は側近として取り立てている新里正近、山坂半四郎と共に人々の救済に乗り出す。


【新刊】『駆け入りの寺』(澤田瞳子)

『駆け入りの寺』(澤田 瞳子)

悩みを抱える人々が門を叩く、一風変わった駆け込み寺

平穏で優雅に暮らす尼たちの元へ、ある日飛び込んできたのは「助けてほしい」と叫ぶ若い娘……。雅やかで心に染み入る連作時代小説。


【新刊】『ほかげ橋夕景〈新装版〉』(山本一力)

『ほかげ橋夕景〈新装版〉』(山本 一力)

親子の絆に、恩人の情……胸がじんわりと温かくなる8篇

娘の祝言が決まってから、急に態度が冷たくなった父親。その心の内を描いた表題作のほか、とびっきりの人情噺を集めた短篇集。


文春文庫 「歴史・時代小説フェア 2023」対象本

海の十字架
大名倒産 上
大名倒産 下
火群のごとく
舞風のごとく
銀の猫
潮待ちの宿
池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳
幕末新選組
秘密
日本史の探偵手帳
葵の残葉
渦 妹背山婦女庭訓 魂結び
仕立屋お竜
熱源
宇喜多の捨て嫁
江戸彩り見立て帖 色にいでにけり
猪牙の娘 柳橋の桜(一)
駆け入りの寺
将軍の子
酔って候〈新装版〉
徳川慶喜 最後の将軍〈新装版〉
おちくぼ物語
とりかえばや物語
朝比奈凜之助捕物暦
流星 お市の方〈新装版〉上
流星 お市の方〈新装版〉下
炎環 〈新装版〉
銀漢の賦
御宿かわせみ〈新装版〉
水郷から来た女〈新装版〉
三屋清左衛門残日録
神谷玄次郎捕物控 霧の果て〈新装版〉
喜多川歌麿女絵草紙 〈新装版〉
長城のかげ〈新装版〉
千里の向こう
おんなの花見 煮売屋お雅 味ばなし
ほかげ橋夕景〈新装版〉
利休にたずねよ
陰陽師 水龍ノ巻


この他話題の本やフェア情報、文庫解説が読める文春文庫のサイトはこちら

文春文庫
猪牙の娘
柳橋の桜(一)
佐伯泰英

定価:880円(税込)発売日:2023年06月07日

文春文庫
陰陽師 水龍ノ巻
夢枕獏

定価:803円(税込)発売日:2023年06月07日

文春文庫
舞風のごとく
あさのあつこ

定価:935円(税込)発売日:2023年06月07日

文春文庫
駆け入りの寺
澤田瞳子

定価:891円(税込)発売日:2023年06月07日

文春文庫
ほかげ橋夕景
山本一力

定価:957円(税込)発売日:2023年06月07日

提携メディア

ページの先頭へ戻る