本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
女の、男への。母の、子への。妻の、夫への。様々な「情」が乱反射する周五郎の短編世界#3

女の、男への。母の、子への。妻の、夫への。様々な「情」が乱反射する周五郎の短編世界#3

文:沢木耕太郎

『寒橋(さむさばし)』(山本周五郎 沢木耕太郎 編)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #小説

『寒橋(さむさばし)』(山本周五郎 沢木耕太郎 編)

 この二人のはぐれ者による、女を巡ってのやりとりが、この短編のリズムを形作っている。そして、そのやりとりの最中に、凶状持ちの男の口をついて出てくる「おめえはいやなやつだ」という言葉のリフレーンが、最後に向かってしだいに重い意味を持つようになっていく。

 凶状持ちの男が柄にもなく、女たらしに「普通の生活」への希求を述べるというシーンがある。

《「あたりまえに女房を貰って家を持ちてえ、一日の仕事から帰ると湯へいって汗を流し、女房子といっしょに晩めしを喰べてえ、それが人間に生れて来たたのしみってえもんだ」》

 しかし、そうした生活を断念して、凶状持ちの男は最後の善行をしようとするのだ。にもかかわらず、その善行が相手の心には届かない……。

 人によっては、この「あすなろう」というタイトルにちょっとした訝しさを覚えるかもしれない。井上靖に『あすなろ物語』という有名な先行作品があるからだ。『あすなろ物語』はすでに一九五三年の「オール讀物」に発表されており、山本周五郎の「あすなろう」が「小説新潮」に掲載されるのは一九六〇年のことである。にもかかわらず、どうして似たような挿話をストーリーの核に据え、似たようなタイトルをつけたのだろう、山本周五郎らしくないな、と。

 確かに、檜に似てはいるが檜ではなく、「明日ひのきになろう」というところからあすなろと呼ばれるようになったというのは、井上靖の『あすなろ物語』によって広く知られるところとなった。しかし、それは一般に知られるようになる契機ではあったが、文学上の最初の「発見」ではなかった。

 すでに平安時代に、清少納言が『枕草子』で、あすなろについて《何のこころありてあすはひのきとなづけけむ》と書いているのだ。どういうつもりで「明日は檜」などという名前にしたのだろう、と。

 山本周五郎も、これを踏まえて、あえて「あすなろう」というタイトルにしたのだろう。『あすなろ物語』、なにするものぞと。まさに、かつてのあだ名である「曲軒」ぶりを全開にして。

文春文庫
山本周五郎名品館Ⅲ
寒橋(さむさばし)
山本周五郎 沢木耕太郎

定価:957円(税込)発売日:2018年06月08日

プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る