本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
作家の羽休み――「第36回:深夜にチャイムを鳴らすもの」

作家の羽休み――「第36回:深夜にチャイムを鳴らすもの」

阿部 智里


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

 ステンレス製の格子の前、小虫の飛び交う電灯に照らし出された廊下には、人影が全く見えませんでした。流石にぞっとしましたが、いやいや、単に接触不良かもしれないし、と、無理やり自分を納得させました。そうして、寒気を堪えながら踵を返し掛けた時です。

 ――ピンポーン、と。

 三度、チャイムが鳴らされました。

 私は慌ててもう一度ドアスコープを覗き込みましたが、やっぱり、人影は見えません。

 接触不良でなければ、カナブンが何度もぶつかっているのかもしれない。

 私はチェーンをかけたまま、恐る恐る、ドアを開きました。

「あのう……」

 その瞬間、今にも消え入りそうな、若い女性の声が聞こえました。

 私は息を呑みました。

 金属格子の向こう側、玄関に植えられた南天の木の間から、白い顔がこちらを覗いているのです。

 そこで今にも死にそうな、苦悶の表情を浮かべて立っていたのは――と言うより、今にも泣きそうな顔で立っていたのは、私よりも年下と見られる女の子でした。

「夜分遅くに本当にすみません。私、〇〇号室の××です……」

「あ? 寮生の子? こんな時間にどうしたの?」

「あの、私、自室にカードキーを置き忘れてしまって……」

 この寮のエントランスは、出る分にはカードキーは要りませんが、うっかり手ぶらで外に出ると入れなくなってしまうタイプのものです。私も何度かゴミ出しの際にうっかり自分を閉め出してしまった経験がありますが、その時は管理人さんに助けを求めて事なきを得ました。

 しかし、その時は管理人さんもとっくにお休みになった時刻でした。

 サークルの関係で深夜に帰宅した彼女は新入生で、こういう時に頼れるような寮生の友人もまだいなかったようです。家に入れずに困り果て、まだ明かりのついている私の部屋に気付き、何とか中から開けてもらえないかと助けを求めてきたのでした。

学生時代の阿部智里さん。出身の早稲田大学付近にて撮影。
この作品の特設サイトへ
文春文庫
発現
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2021年08月03日

単行本
追憶の烏
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2021年08月23日

単行本
烏百花 白百合の章
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2021年04月26日

単行本
楽園の烏
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2020年09月03日

文春文庫
烏百花 蛍の章
阿部智里

定価:726円(税込)発売日:2020年09月02日

文春文庫
弥栄の烏
阿部智里

定価:770円(税込)発売日:2019年05月09日

文春文庫
玉依姫
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2018年05月10日

文春文庫
空棺の烏
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2017年06月08日

文春文庫
黄金の烏
阿部智里

定価:770円(税込)発売日:2016年06月10日

文春文庫
烏は主を選ばない
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2015年06月10日

文春文庫
烏に単は似合わない
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2014年06月10日

ページの先頭へ戻る