本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
エイプリルフールに読みたい 衝撃の「嘘」ミステリー5選!

エイプリルフールに読みたい 衝撃の「嘘」ミステリー5選!


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

4月1日はエイプリルフール。嘘を思いきり楽しむ日です。

この世に嘘のタネは数あれど、人智を尽くした最高の「嘘」といえば、なんといってもミステリー小説!

思わず目を背けたくなる恐怖の「嘘」から、隅々まで計算された論理的な「嘘」、世界がひっくり返るどんでん返しの「嘘」まで、とっておきの「嘘」を堪能できるミステリー5作をご紹介します。


米澤穂信『Iの悲劇』(文藝春秋)

『Iの悲劇』(米澤 穂信)

新直木賞作家の傑作ミステリーです。

無人のまま放置されていた元限界集落。新たに就任した市長がIターン推進を公約し、村落の「再生プロジェクト」を発足させるところから物語の幕が開きます。 ところが、移住してくる世帯を次々に襲う不可解なトラブル――。この共同体の背後には、ある「嘘」が存在したのです。

 詳しく見る

 こちらもあわせてどうぞ

 

織守きょうや『花束は毒』(文藝春秋)

『花束は毒』(織守 きょうや)

私立探偵が調査する過去の「事件」。そこに秘められた「嘘」は、あまりにも強烈で、読者は思わず言葉を失うことでしょう。

あなたがもし作中の探偵なら、知ってしまった真実を当事者に告げるでしょうか、それとも胸にしまっておくでしょうか。

 詳しく見る

 こちらもあわせてどうぞ

 

宮部みゆき『名もなき毒』(文春文庫)

『名もなき毒』(宮部 みゆき)

吉川英治文学賞を受賞した、杉村三郎シリーズ初期の名作。

日常にひそむ“悪意”を描かせると、宮部さんの右に出る作家はいません。

悪意がもたらす「嘘」の衝撃に、心の底から震えるほかない1冊です。

 詳しく見る

 こちらもあわせてどうぞ

 

乾くるみ『イニシエーション・ラブ』(文春文庫)

『イニシエーション・ラブ』(乾 くるみ)

恋愛のかけひきに「嘘」はつきものです。

みずみずしくもせつない恋愛ドラマのどこに「嘘」が潜んでいるのか、あなたは見抜けるでしょうか?

 詳しく見る

 こちらもあわせてどうぞ

 

大山誠一郎「復讐日記」(文春文庫『赤い博物館』より)

『赤い博物館』(大山 誠一郎)

死亡した被疑者が残した1冊のノート。そこには未解決事件の謎を解く鍵が――。

いわゆる「手記もの」ミステリーの傑作です。ミステリーに「手記」が登場すると、そこには必ず何らかの「嘘」が含まれているといっていいでしょう。「嘘」あるいは「意図的な書き落とし」によって読み手の「誤読」を誘い、事件を自分の思い通りに動かそうとする書き手の狙いが存在するからです。

では、この手記のどこに「嘘」が含まれているのか? 手記を読んだあなたの抱く「違和感」こそが、事件解決の糸口になるはずです。

 詳しく見る

 こちらもあわせてどうぞ

単行本
Iの悲劇
米澤穂信

定価:1,650円(税込)発売日:2019年09月26日

単行本
花束は毒
織守きょうや

定価:1,870円(税込)発売日:2021年07月28日

文春文庫
名もなき毒
宮部みゆき

定価:1,012円(税込)発売日:2011年12月06日

文春文庫
イニシエーション・ラブ
乾くるみ

定価:715円(税込)発売日:2007年04月10日

文春文庫
赤い博物館
大山誠一郎

定価:858円(税込)発売日:2018年09月04日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る