本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
作家の羽休み――「第46回:新年の悲劇」

作家の羽休み――「第46回:新年の悲劇」

阿部 智里


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

 いよいよ2022年になりましたね! 寅年です!

 私の実家には世界一かわいいトラ猫がいるので、根拠なく良い年になりそうな気がしています。

 そういえば、例年Twitterの年始の挨拶には趣味の切り絵(貼り絵?)を添えてもらっているのですが、今年の虎ちゃんは作っているうちにイエネコっぽい顔になってしまいました。下絵の段階ではちゃんと大型のネコ科の顔をしていたはずなんですけどね。作り終わってから「あれ? どっかで見た顔だな」と思ったのですが、よくよく見ると我が家で面倒を見ているさくらねこ(不妊・去勢済の印にお耳に切り込みを入れた地域猫)のりぼんちゃんにそっくりでした。深層心理って面白いものです。

阿部さん作の切り絵
さくらねこのりぼんちゃん

 そういえばこのお正月、私は病院に行って参りました。

 先に申し上げると新型コロナとは関係ありません。何か重大な病気があったわけでもありません。本当に大したことのない、非常にくだらない話なのですが、似たような思いをされる方も絶対他にいらっしゃると思いますので、参考までに書き残しておこうと思います。

 私が異変に気付いたのは、元日の夜のことでした。

 なんか喉がイガイガするなあと思い、鏡の前で大口を開けて口の中を確認しました。

 喉は別に腫れているわけではなく、口が乾いているのか唾がちょっと糸を引いている他は、特に問題は見当たりませんでした。いや、よくよく見ると、喉の奥に白い塊が見えます。

 その時点で、なんだこのせいか、と私は思いました。

 以前調べたことがあったので、これは「膿栓」であり、自然と取れるものだと分かっていたのです。食べ物の残りかすや老廃物の塊であり、口臭のもとになる憎い奴ではありますが、体に大きな害はありません。

 ちょっと違和感はあるけど、まあ、すぐに取れるだろうし問題はないだろう。

 そう考え、歯みがきと洗口液のうがいだけして、放置していました。

 ところがこの違和感は、なかなか消えてくれなかったのです。3日の夜になってもまだ喉がイガイガしていたので、もう一度口の中を確認して、私は「アレ?」と思いました。

 2日前にあった「膿栓」が、綺麗さっぱり消えていたのです。

この作品の特設サイトへ
文春文庫
猫はわかっている
村山由佳 有栖川有栖 阿部智里 長岡弘樹 カツセマサヒコ 嶋津輝 望月麻衣

定価:759円(税込)発売日:2021年10月06日

単行本
追憶の烏
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2021年08月23日

単行本
烏百花 白百合の章
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2021年04月26日

単行本
楽園の烏
阿部智里

定価:1,650円(税込)発売日:2020年09月03日

文春文庫
烏百花 蛍の章
阿部智里

定価:726円(税込)発売日:2020年09月02日

文春文庫
弥栄の烏
阿部智里

定価:770円(税込)発売日:2019年05月09日

文春文庫
玉依姫
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2018年05月10日

文春文庫
空棺の烏
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2017年06月08日

文春文庫
黄金の烏
阿部智里

定価:770円(税込)発売日:2016年06月10日

文春文庫
烏は主を選ばない
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2015年06月10日

文春文庫
烏に単は似合わない
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2014年06月10日

文春文庫
発現
阿部智里

定価:792円(税込)発売日:2021年08月03日

ページの先頭へ戻る