本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
佐伯泰英による大人気シリーズ、8月の完結に向けて三カ月連続刊行スタート!『狂う潮』ほか

佐伯泰英による大人気シリーズ、8月の完結に向けて三カ月連続刊行スタート!『狂う潮』ほか

【文春文庫 6月のラインナップ】

大人気シリーズ、6月、7月、8月連続刊行でついに完結!

『狂う潮 新・酔いどれ小籐次(二十三)』(佐伯泰英)

藩主・久留島通嘉に頼まれ、参勤交代に同道することになった小籐次親子。旧藩・豊後森藩の飛地・頭成を目指すが、船のなかで森藩家臣が海に消える事件が起きる。果たして犯人は誰か? 背後に見え隠れする藩の事情とは? 小籐次に託された使命とは――

ついに故郷の豊後に向かう小籐次を待ち受けるものとは。
8月完結に向けた三カ月連続刊行のスタートです。

くわしく見る


文春文庫 6月のラインナップ

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    狂う潮
    著者名
    佐伯泰英
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    旧藩への船中で事件が起きる! 900万部シリーズ
    藩主の願いにより参勤交代に同道する小籐次親子。果たして、瀬戸内をわたる船の中で事件が起きるが――三カ月連続刊行スタート!
  • タイトル
    美しき愚かものたちのタブロー
    著者名
    原田マハ
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    アートに青春と情熱をかけた男たちの物語
    「日本に美術館を創りたい」。その夢を追いかけ、絵を一心に買い集めた男がいた。国立西洋美術館の礎“松方コレクション”誕生秘話。
  • タイトル
    偽りの捜査線
    著者名
    今野敏 誉田哲也 堂場瞬一 大門剛明 長岡弘樹 沢村鐵 鳴神響一
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    人気作家7人が描く、警察小説アンソロジー
    刑事、公安、交番、警察犬……。あの人気シリーズのスピンオフ、文庫オリジナル最新作まで。7人の人気作家が描く警察小説の最前線。
  • タイトル
    拾われた男
    著者名
    松尾諭
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    拾った航空券の持ち主は、芸能事務所の社長で――
    俳優志望だった著者が航空券を拾ったらモデル事務所に所属することに。名脇役松尾諭が書く波乱万丈の恋、そしてアメリカでの悲喜劇。
  • タイトル
    南町奉行と餓舎髑髏
    著者名
    風野真知雄
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    江戸最恐のあやかし登場! いったい何人が食われたのか?
    浅草橋の海産物問屋で十人を超える大量殺人が発生。隣家の旗本も血まみれで昏倒。現場の屋敷の壁には「がしゃどくろ」の血文字が。
  • タイトル
    仕立屋お竜
    著者名
    岡本さとる
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    小粋な仕立屋には裏の顔が。痛快時代小説誕生!
    表の顔は腕の良い仕立屋、裏の顔は達人仕込みの剣術で悪を成敗する「地獄への案内人」。仕立屋お竜の活躍を描く痛快時代小説!
  • タイトル
    武士の流儀(七)
    著者名
    稲葉稔
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    ダンディーな若隠居が庶民を助ける人気シリーズ!
    散歩の途中、質の悪い男ら相手に土下座する町人を見かけた清兵衛。町人は賭場で借金をつくり、女房と息子を巻き込んでの騒動に……。
  • タイトル
    飛雲のごとく
    著者名
    あさのあつこ
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    少年剣士の友情と成長を描く、傑作青春時代小説!
    元服の儀が済み林弥は当主となるが、義姉への想いは募る一方、兄の死の真相は闇のなかだ。そんな折、あの男が江戸から帰ってきた。
  • タイトル
    将軍の子
    著者名
    佐藤巖太郎
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    保科正之はいかにして「稀代の名君」になったか
    徳川秀忠の子として生まれながら生後すぐ養子に出され、生涯親子の名乗りをあげなかった初代会津藩主、保科正之の数奇な運命を描く。
  • タイトル
    震雷の人
    著者名
    千葉ともこ
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    運命に抗う兄妹! 清張賞受賞の大河武侠小説
    「世を動かしたい」。唐を揺るがす未曾有の大乱によって大切な人を失った兄妹は、運命に抗うため過酷な戦へと身を投じる。
  • タイトル
    紀勢本線殺人事件
    著者名
    西村京太郎
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    なぜ、21歳、イニシャル「H.Y.」のOLばかりが狙われるのか?
    額に印が刻まれた若い女性の死体が続けて発見された。さらに三人目の被害者を発見との知らせを受け、十津川警部は南紀に向かう。
  • タイトル
    あれは閃光、ぼくらの心中
    著者名
    竹宮ゆゆこ
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    ありえない二人の関係に萌える!
    15歳の嶋はピアノ一筋の人生が暗転し家出をし、25歳のホスト、弥勒と出会う。それぞれに問題を抱える二人が織りなす胸アツ物語。
  • タイトル
    風の行方(上)
    著者名
    佐藤愛子
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    夫婦、親子、家族の間に風が吹きわたる
    64歳の妻の意識改革を機に変化した大庭家。夫は岩手の山奥へ、長男は離婚し不倫相手が家に入る。そして孫はイジメの被害者に――。
  • タイトル
    風の行方(下)
    著者名
    佐藤愛子
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    愛子節が心に刺さる! 鋭く乾いた筆致で「家族」を描く
    それぞれが幸せを求めた結果だったはずが……。現在まで続く社会問題を遠景に、幸福とは何かを円熟の筆致で問いかける感動傑作。
  • タイトル
    パンチパーマの猫
    著者名
    群ようこ
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    日常で出会った変な人、妙な癖
    勘違いな人々、理不尽な出来事に途方に暮れつつも、ことわざを胸に刻み、今日も暢気に生きていく。親近感がわく爆笑必至のエッセイ。
  • タイトル
    読書の森で寝転んで
    著者名
    葉室麟
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    作家・葉室麟を作った数々の本と人
    50歳過ぎてのデビュー時に既に完成されていた“葉室史観”。敬慕され続ける作家を涵養した本、人との出会いが綴られたエッセイ集。
  • タイトル
    文学者と哲学者と聖者
    著者名
    吉満義彦 若松英輔
    発売日
    2022/06/07
    作品紹介
    日本最初期のカトリック哲学者の思想と生涯
    岩下壯一の弟子にして遠藤周作の師。カトリックの思想を日本に植え使徒としての生を切望した哲学者の論考・随筆・詩を精選して紹介。
プレゼント
  • 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/6/20~2024/6/27
    賞品 『運 ドン・キホーテ創業者「最強の遺言」』安田隆夫・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る